FP2級過去問題 2013年5月学科試験 問28

問28

分散投資の手法や考え方に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 財産を3種類の異なる資産で所有する、いわゆる「財産3分法」は、異なる資産を組み合わせた分散投資の一手法といえる。
  2. ドルコスト平均法は、異なる通貨を組み合わせた分散投資の一手法といえる。
  3. 輸出型企業の株式を保有している場合、輸入型企業の株式にも投資することで、為替相場の変動によるリスクを緩和する効果が期待できる。
  4. 残存期間の長い固定利付債券だけを保有している場合、その一部を残存期間の短い固定利付債券に移し替えることで、金利変動によるリスクを緩和する効果が期待できる。

正解 2

解説

この問題に対する解説はまだありません。