FP2級過去問題 2014年1月学科試験 問7

問7

公的年金の併給調整に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 老齢基礎年金の受給権者が65歳以降に遺族厚生年金の受給権を取得した場合、老齢基礎年金と遺族厚生年金は併給される。
  2. 遺族厚生年金の受給権者が特別支給の老齢厚生年金の受給権を取得した場合、その者は65歳に達するまではいずれか一方の年金を選択して受給することになる。
  3. 特別支給の老齢厚生年金および繰上げ支給の老齢基礎年金を受給している者が雇用保険の基本手当を受給する場合、特別支給の老齢厚生年金および繰上げ支給の老齢基礎年金はいずれも支給停止となる。
  4. 厚生年金保険の被保険者が特別支給の老齢厚生年金と雇用保険の高年齢雇用継続給付を受給する場合、特別支給の老齢厚生年金は、在職老齢年金の仕組みによる支給調整に加え、高年齢雇用継続給付との調整も行われる。

正解 3

解説

  1. 適切。老齢基礎年金と遺族厚生年金は、受給権者が65歳以上の場合は併給されるようになります。
  2. 適切。遺族厚生年金と特別支給の老齢厚生年金は併給されず、65歳になるまではいずれか一方の年金を選択して受給します。65歳になると自身の老齢厚生年金が支給され、遺族厚生年金からは老齢厚生年金の金額を超える部分だけ支給されることになります。
  3. [不適切]。雇用保険の基本手当の受給中は、特別支給の老齢厚生年金は支給停止になります。しかし、老齢基礎年金は繰り上げても支給が停止になることはありません。よって記述は不適切です。
  4. 適切。65歳になるまでの老齢厚生年金は、雇用保険の高年齢雇用継続給付を受けるときは、在職老齢年金による年金の支給停止だけでなく、さらに年金の一部が支給停止されます。
したがって不適切な記述は[3]です。

[参考URL]
日本年金機構「老齢厚生年金 老齢基礎年金を受けられる方へ(PDF)」
 https://www.nenkin.go.jp/pamphlet/kyufu.files/0000000004_0000000099.pdf
日本年金機構「雇用保険の失業給付と年金は同時に受けられるの?」
 https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/koyou-chosei/20140421-03.html