FP2級過去問題 2019年9月学科試験 問7

問7

公的年金の併給調整等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 障害基礎年金と老齢厚生年金の受給権を有している者は、65歳以降、障害基礎年金と老齢厚生年金を同時に受給することができる。
  2. 遺族厚生年金と老齢厚生年金の受給権を有している者は、65歳以降、その者の選択によりいずれか一方の年金が支給され、他方の年金は支給停止となる。
  3. 障害基礎年金と遺族厚生年金の受給権を有している者は、65歳以降、障害基礎年金と遺族厚生年金を同時に受給することができる。
  4. 同一の事由により、障害厚生年金と労働者災害補償保険法に基づく障害補償年金が支給される場合、障害厚生年金は全額支給され、障害補償年金は所定の調整率により減額される。

正解 2

問題難易度
肢110.5%
肢249.7%
肢319.9%
肢419.9%

解説

65歳以降の各年金の併給調整は以下のようになっています。
  1. 適切。65歳以降、障害基礎年金と老齢厚生年金は併給可能です。
  2. [不適切]。遺族厚生年金と老齢厚生年金の併給は部分的に可能です。この場合、まず老齢厚生年金が優先して支給され、老齢厚生年金より遺族厚生年金の年金額が高い場合にその差額のみが支給されます。
  3. 適切。65歳以降、障害基礎年金と遺族厚生年金は併給可能です。
  4. 適切。同一傷病で障害厚生年金と労災保険の障害補償年金を受け取る場合には部分的に併給可能です。この場合、障害厚生年金は全額支給され、障害補償年金は所定の割合で減額された金額が支給されます。
したがって不適切な記述は[2]です。