FP2級過去問題 2014年1月学科試験 問22

問22

投資信託の仕組みと特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 追加型投資信託は、当初設定後も追加設定が可能な投資信託である。
  2. ファンド・オブ・ファンズは、投資対象や運用スタイル等の異なる複数の投資信託に分散投資する形態の投資信託である。
  3. ブル型ファンドは、ベンチマークとする市場指数の変動とは逆の動きとなることを目指して運用するタイプの投資信託である。
  4. 上場されている不動産投資信託(J-REIT)は、上場株式の売買と同様、指値注文・成行注文がいずれも可能である。

正解 3

解説

  1. 適切。追加型投資信託は、ファンド設定後も追加購入ができ、償還期間が無期限のものです。
  2. 適切。ファンド・オブ・ファンズは、投資対象や運用スタイル等の異なる複数の投資信託に分散投資する形態の投資信託です。通常のファンドよりもコスト面で割高なことが多いです。
  3. [不適切]。ブル型ファンドは、ベンチマークとする市場指数の上昇で利益が得られるように設計された投資信託です。ブル型ファンドの中には、基準価額の値動きが、市場指数の動きの数倍になるように設計された商品も多くあります。
    逆に、市場指数の下落で大きな利益を得られるファンドを「ベア型ファンド」といいます。
  4. 適切。不動産投資信託(J-REIT)は複数の不動産で運用し、賃貸収入や売却益などを分配金として投資家に還元する投資信託です。市場に上場されているため、上場株式の売買と同様に指値注文・成行注文がいずれも可能です。
したがって不適切な記述は[3]です。