FP2級過去問題 2014年5月学科試験 問55

問55

遺言に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 自筆証書遺言は、遺言者自身が作成したことが明らかであれば、ワープロやパソコンにより作成しても差し支えないが、日付および氏名は自書しなければならない。
  2. 公正証書遺言は、証人2人以上の立会いの下で作成され、その公正証書の原本が公証役場に保存される。
  3. 遺言者が公正証書遺言の全部または一部を撤回するためには、新たな公正証書遺言を作成しなければならず、自筆証書遺言では撤回することができない。
  4. 遺言による遺産分割方法の指定や遺贈により相続人の遺留分が侵害された場合、その遺言は無効である。

正解 2

解説

  1. 不適切。自筆証書遺言は、遺言者が全文、日付、氏名すべてを自筆して押印しなければなりません。ワープロやパソコンにより作成した遺言は自筆証書遺言としては無効です。
  2. [適切]。公正証書遺言は、証人2人以上の立会いの下で作成され、その公正証書の原本は公証役場に保管されるので紛失・偽造の危険がありません。
  3. 不適切。遺言の全部または一部を撤回は、自由にできます。また、いずれかの遺言の方式になっていれば先に作成した遺言と同じ方式でなくても問題ありません。
  4. 不適切。遺言による遺産分割方法の指定や遺贈により相続人の遺留分が侵害された場合でも、その遺言は有効です。遺留分を侵害された相続人は、遺留分減殺請求を行うことで遺留分の相当額までを取り戻すことができます。
したがって適切な記述は[2]です。