FP2級過去問題 2015年10月学科試験 問54

問54

遺言に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 被相続人は、遺言で、相続開始の時から5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。
  2. 公正証書遺言は、証人2人以上の立会いのもとで作成され、その公正証書の原本が公証役場に保存される。
  3. 遺言者が自筆証書遺言と公正証書遺言の両方を作成していた場合は、公正証書遺言の作成日付が自筆証書遺言の作成日付よりも前であっても、公正証書遺言の内容が優先して有効とされる。
  4. 遺言書(公正証書遺言として作成されたものを除く)の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。

正解 3

解説

  1. 適切。被相続人は遺言書にて相続開始時から最長5年間、遺産の分割を禁止することができます。
  2. 適切。公正証書遺言は、証人2人以上の立会いが必要で、原本は公証役場に保管されるので紛失・偽造・変造の心配はありません。
  3. [不適切]。遺言書は種類を問わず、常に日付の新しいものが有効になります。よって記述は不適切です。
  4. 適切。自筆証書遺言・秘密証書遺言については、相続の開始があったことを知った後、遅延なく家庭裁判所に提出して検認を請求しなければなりません。
したがって不適切な記述は[3]です。