FP2級 2016年1月 実技(金財:生保)問11

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問11

Aさんが支払う生命保険および損害保険の保険料に関する次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「契約者(=保険料負担者)および死亡保険金受取人をAさん、被保険者を妻Bさんとする定期保険(10年更新)に加入した場合、Aさんが支払う保険料は、事業所得の金額の計算上、必要経費として認められます」
  2. 「契約者(=保険料負担者)および被保険者をAさん、死亡保険金受取人を妻Bさんとする終身保険に加入した場合、Aさんが支払う保険料は、生命保険料控除の対象となります」
  3. 「契約者(=保険料負担者)および被保険者をAさん、死亡保険金受取人を法定相続人とする傷害保険に加入した場合、Aさんが支払う保険料は、事業所得の金額の計算上、必要経費として認められます」

正解 
××

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:2.所得税の仕組み

解説

  1. ×不適切。個人事業主が支払う保険料には、事務所や店舗に対する損害保険料のように事業の経費として認められているものもありますが、個人事業主やその家族の生命保険料は必要経費とすることができません。
  2. 〇適切。個人事業主が、自身やその家族の生命保険料に支払う保険料は事業所得上の必要経費にはなりませんが、個人の所得を計算する上で生命保険料控除の対象となります。
  3. ×不適切。個人事業主が支払う保険料で、個人事業主やその家族の生命保険契約に係るものは必要経費にはなりません。