FP2級 2016年5月 実技(FP協会:資産設計)問31

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問31

真紀さんは、優哉さんが満1歳に達するまでの間、育児休業を取得しその後職場復帰した。育児・介護休業法に基づく育児休業等期間中の社会保険料の免除に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、真紀さんは全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の被保険者であり、かつ第1号厚生年金被保険者である。
育児・介護休業法による育児休業等期間について、事業主が()、社会保険(健康保険および厚生年金保険)の保険料は、()徴収されない。健康保険の保険給付は、社会保険料が徴収されていなくても、従来どおり受けることができる。また、厚生年金保険の保険給付の額等の計算に当たっては、この場合における保険料免除期間は、保険料を()期間と同様に取り扱われる。
  1. (ア)申出をしたときは (イ)被保険者負担分・事業主負担分とも (ウ)納めた
  2. (ア)申出をしたときは (イ)被保険者負担分に限り (ウ)納めなかった
  3. (ア)申出をしなくとも (イ)被保険者負担分・事業主負担分とも (ウ)納めなかった
  4. (ア)申出をしなくとも (イ)被保険者負担分に限り (ウ)納めた

正解 1

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:4.社会保険

解説

この問題に対する解説はまだありません。