FP2級 2016年5月 実技(金財:個人)問6

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問6

X社社債を《設例》の条件で購入した場合について、次の①~③をそれぞれ求めなさい(計算過程の記載は不要)。なお、〈答〉は%表示の小数点以下第3位を四捨五入することとし、税金や手数料は考慮しないものとする。
  1. X社社債を購入した場合の直接利回り
  2. X社社債を購入し、償還まで保有した場合の最終利回り(年率・単利)
  3. X社社債を購入し、2年後に額面100円当たり101.50円で売却した場合の所有期間利回り(年率・単利)

正解 
 1.16(%)
 0.31(%)
 0.19(%)

分野

科目:C.金融資産運用
細目:3.投資信託

解説

〔①について〕
直接利回りとは、投資金額に対して1年間に得られる利子の割合を表した利回りです。
表面利率1.2%、購入価格103.5円ですから、

 1.2%103.5円×100=1.159…
 (小数点以下第3位を四捨五入して)1.16%

よって、正解は1.16(%)になります。

〔②について〕
最終利回りとは、既に発行された債券を時価で購入し、償還期限まで所有した場合の利回りです。直接利回り以外の利回りは以下の式に値を当てはめて計算します。
 1.2+(100-103.5)/4103.5×100
1.2+(-3.5)/4103.5×100
1.2+(-0.875)103.5×100
0.325103.5×100=0.3140…
 (小数点以下第3位を四捨五入して)0.31%

よって、正解は0.31(%)になります。

〔③について〕
購入後2年で101.50円で売却するので、売却価格の部分を101.5円、保有年数2年として計算します。

 1.2+(101.5-103.5)/2103.5×100
1.2+(-2)/2103.5×100
1.2+(-1)103.5×100
0.2103.5×100=0.193…
 (小数点以下第3位を四捨五入して)0.19%

よって、正解は0.19(%)になります。