FP2級 2016年9月 実技(金財:個人)問9

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問9

Aさんの平成28年分の所得税において、住宅借入金等特別控除の適用を受けた場合の申告納税額または還付税額を計算した下記の表の空欄①~③に入る最も適切な数値を求めなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は□□□で示してある。
09_1.gif/image-size:530×414
09_2.gif/image-size:560×218

正解 
 6,270,000(円)
 416,900(円)
 313,000(円)

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:2.所得税の仕組み

解説

〔①について〕
Aさんの収入は給与収入830万円だけなので給与所得の金額を計算します。給与所得は「給与収入等-給与所得控除額」で計算するので、給与所得控除額の速算表を使って、

給与所得控除額:830万円×10%+120万円=203万円
給与所得の金額:830万円-203万円=627万円

よって、正解は6,270,000(円)になります。

〔②について〕
所得税額は、課税総所得金額に所定の税率を乗じて求めます。627万円だと所得税率20%、控除額427,500円の区分になるので、

 4,222,000円×20%-427,500円=416,900円

よって、正解は416,900(円)になります。

〔③について〕
住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の適用を受けると、その年の住宅ローン借入金の年末残高の1%を所得税額から控除できます。設例を見ると、Aさんは居住要件、家屋の床面積、合計所得金額、償還期間等の要件を満たしているので住宅ローン控除の適用を受けられます。

設例には年末残高は3,130万円とあるので税額控除の金額は、

 3,130万円×1%=31万3,000円

よって、正解は313,000(円)になります。