FP2級過去問題 2017年1月学科試験 問3

問3

全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の保険給付に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 傷病手当金の額は、1日につき、原則として、支給開始日の属する月以前の継続した12ヵ月間の当該被保険者の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の3分の2に相当する金額である。
  2. 妊娠4ヵ月以上の被保険者が産科医療補償制度に加入する医療機関で出産した場合に支給される出産育児一時金の額は、1児につき40万4,000円である。
  3. 被保険者が業務外の事由により死亡した場合は、所定の手続きにより、当該被保険者により生計を維持されていた者であって、埋葬を行う者に対し、埋葬料として5万円が支給される。
  4. 被保険者が同月内に同一の医療機関等で支払った医療費の一部負担金等の額が、その者に係る自己負担限度額を超えた場合、その超えた部分の額は、所定の手続きにより、高額療養費として支給される。

正解 2

解説

  1. 適切。傷病手当金は、病気やケガの療養のために連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかった場合に、休業4日目から休業1日につき、直近12ヵ月の標準報酬月額の平均30分の1相当額の3分の2相当額が支給されます。なお支給される期間は、支給開始日から1年6ヵ月を限度とします。
  2. [不適切]。産科医療補償制度に加入する医療機関では妊娠4ヵ月以上の出産につき、1児ごとに42万円の出産一時金が支給されます。よって記述は不適切です。
  3. 適切。被保険者が死亡した場合、被保険者により生計を維持され、埋葬を行う者に埋葬料が5万円支給されます。被扶養者が死亡した場合、被保険者に家族埋葬料として5万円が支給されます。
  4. 適切。同一月の一部負担金が自己負担限度額を超えた場合は、超えた分について高額療養費が支給されます。記述は適切ですが、入院時の食事代や差額ベット代などは高額療養費の対象外になります。
したがって不適切な記述は[2]です。