FP2級 2017年1月 実技(金財:個人)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

Mさんは、Aさんに対して、X投資信託およびY投資信託について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「AさんがX投資信託およびY投資信託から受け取る収益分配金のうち、普通分配金については、所得税が非課税となります」
  2. 「信託財産留保額とは、投資家の換金に伴う費用などを賄うために、販売会社が負担するコストのことです」
  3. 「Y投資信託のように購入時手数料がかかる投資信託については、販売会社により購入時手数料率が異なる場合があります」

正解 
××

分野

科目:C.金融資産運用
細目:3.投資信託

解説

  1. ×不適切。所得税が非課税になるのは「普通分配金」ではなく「特別分配金」です。
  2. ×不適切。信託財産留保額は、投資信託を途中で解約したり売却したりする際にかかる手数料で、中途解約した投資家の換金代金から差し引かれます。信託財産留保額は販売会社が負担するのではなく、中途解約した人が負担します。
  3. 〇適切。同じ投資商品であっても購入時手数料は金融機関によって違います。近年、手数料を簡単に比較検討できるウェブサイトもあり、投資家は逐一チェックしています。