FP2級 2017年1月 実技(金財:個人)問6

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問6

Mさんは、Aさんに対して、X投資信託をドルコスト平均法により購入した場合について説明した。Mさんが説明した以下の表および文章の空欄①~③に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、計算にあたっては《設例》および以下の表に記載されていること以外は考慮しないものとし、空欄③の解答にあたっては円未満を四捨五入すること。
06.gif/image-size:531×180
上記より、X投資信託をドルコスト平均法を用いて購入した場合の平均購入単価(1万口当たり)は、()円である。

正解 
 143,250(口)
 181,200(円)
 11,169(円)

分野

科目:C.金融資産運用
細目:3.投資信託

解説

〔①について〕
毎回40,000円ずつ購入するということですから各回の購入口数を割り出します。※計算式は「購入金額÷基準価額」です。
  • 第1回 … 40,000円÷12,500円=3.2万口
  • 第2回 … 40,000円÷10,000円=4万口
  • 第3回 … 40,000円÷12,800円=3.125万口
  • 第4回 … 40,000円÷10,000円=4万口
これらを合計すると、
 3.2+4+3.125+4=14.325万口=143,250口

よって、正解は143,250(口)になります。

〔②について〕
①は購入口数を割り出しましたが、こちらは毎回40,000口を購入した場合の総購入金額を割り出します。
  • 第1回 … 12,500円×4=5万円
  • 第2回 … 10,000円×4=4万円
  • 第3回 … 12,800円×4=5.12万円
  • 第4回 … 10,000円×4=4万円
これらを合計すると、
 5+4+5.12+4=18.12万口=181,200円

よって、正解は181,200(円)になります。

〔③について〕
ドルコスト平均法とは、①のように購入金額を一律に設定して定期的な購入を続けることで購入価額を平準化する方法のことです。

①での購入口数合計は143,250口(14.325万口)、購入総額は「40,000円×4=160,000円」ですので、1万口当たりの平均購入単価は、

 160,000円÷14.325=11,169.28…円
 (円未満を四捨五入して)11,169円

よって、正解は11,169(円)になります。