FP2級 2017年5月 実技(FP協会:資産設計)問31

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問31

雪雄さんが加入している保険の保険金等が支払われた場合の課税に関する次の(ア)~(ウ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。
  1. 雪雄さんが死亡し、花代さんが受け取る定期保険Aの死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  2. 雪雄さんが疾病のため高度障害状態になったことにより受け取る定期保険Aの高度障害保険金は、所得税の課税対象となる。
  3. 自宅が火災で全焼し、雪雄さんが受け取る火災保険Bの保険金は、所得税の課税対象となる。
(ア)(イ)(ウ)

正解 
(ア)(イ)(ウ)
××

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

  1. 〇適切。設例より定期保険Aの契約状況を確認します。
    保険契約者(保険料負担者)および被保険者が、被相続人である雪雄さんのため、花代さんが受け取る死亡保険金は相続税の対象となります。
  2. ×不適切。高度障害保険金は、受取人が本人のときだけでなく配偶者などであっても所得税は非課税となります。
  3. ×不適切。火災保険等損害保険は、実損補てんを目的としているため、受け取った保険金は所得税は原則として非課税となります。