FP2級 2017年5月 実技(金財:個人)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

X投資信託とY投資信託についてMさんがAさんに対して説明した以下の文章の空欄①~④に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉のイ~リのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「無リスク資産利子率を1%と仮定した場合、過去5年間の運用パフォーマンスに基づくX投資信託のシャープ・レシオは、()です。一方、Y投資信託のシャープ・レシオは、()です。シャープ・レシオの値が大きいほど、取ったリスクに対して大きなリターンを得たことになります。このため、X投資信託とY投資信託を比較した場合、シャープ・レシオからみると、()のほうが過去のパフォーマンスは優れていたといえます。なお、過去のパフォーマンスが高い投資信託であっても、将来のパフォーマンスもその通りになるとは限りませんので、注意が必要です」
  2. 「Aさんは、これまでにX投資信託から普通分配金と元本払戻金(特別分配金)を受け取っています。このうち、普通分配金による所得は()とされ、分配時に所得税および復興特別所得税と住民税の合計で20.315%の税率による源泉(特別)徴収がされています。一方、元本払戻金(特別分配金)は非課税とされています」
  1. イ.X投資信託
  2. ロ.Y投資信託
  3. ハ.1.4
  4. ニ.2.0
  5. ホ.2.4
  6. ヘ.3.0
  7. ト.配当所得
  8. チ.利子所得
  9. リ.雑所得

正解 

分野

科目:C.金融資産運用
細目:3.投資信託

解説

〔①について〕
シャーププレシオとは、リスクをとったことによりどれだけ効率よく収益を上げられたかをみる指標で、数値が大きいほど効率よく収益を上げられたと評価できます。
シャープレシオは以下の式で算出します。

 (収益率-無リスク資産利子率)÷標準偏差

この式に<設例>に記載されている値を当てはめると、X投資信託の過去5年間のシャープレシオは、

 (10%-1%)÷3%=3.0

よって、正解は[ヘ]の3.0になります。

〔②について〕
①と同様に、Y投資信託の過去5年間のシャープレシオは、

 (13%-1%)÷5%=2.4

よって、正解は[ホ]の2.4になります。

〔③について〕
2つの投資対象を比較した場合、シャープレシオが大きいほどパフォーマンスに優れていたと評価されます。シャープレシオは「X投資信託>Y投資信託」ですので、X投資信託の方が優れていたと言えます。
よって、正解は[イ]のX投資信託になります。

〔④について〕
投資信託の普通分配金は配当所得になり、支払い時に所得税・復興特別所得税・住民税合わせて20.315%が源泉徴収されます。
よって、正解は[ト]の配当所得になります。