FP2級過去問題 2017年9月学科試験 問23

問23

一般的な固定利負債券の利回りと価格の関係等に関する次の記述のうち、もっとも不適切なものはどれか。
  1. 他の条件が同一であれば、債券価格が下落すると、その利回りは上昇する。
  2. 他の条件が同一であれば、残存期間の短い債券より残存期間の長い債券の方が、利回りの変動に対する価格の変動幅は小さい。
  3. 他の条件が同一であれば、表面利率が低いほど、利回りの変動に対する価格の変動幅は大きい。
  4. 他の条件が同一であれば、信用リスクが低いほど、利回りは低くなる。

正解 2

解説

  1. 適切。債券価格が下落すると、利息が同じ債券を安く買えるということになるので、債券の利回りは上昇することになります。
  2. [不適切]。残存期間が長い債券は、残存期間が短い債券よりも、償還時までの金利変動の影響を受ける期間が長いので、金利変動に対する価格の変動幅が大きくなります。よって記述は不適切です。
  3. 適切。債券価格は、金利が上昇すると下落し、金利が低下すると上昇します。表面利率が低ければ、利回りの変動に対する影響が大きくなるので変動幅は大きくなります。
  4. 適切。信用リスクが低いということは、利払いや不履行になる恐れが低いことを意味します。信用度の高い債券は、価格が高く、利回りは低くなります。
したがって不適切な記述は[2]です。