FP2級過去問題 2017年9月学科試験 問59

問59

遺産分割対策に関する次の一般的な記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 遺言により遺産分割方法を指定しておくことは、遺産分割における共同相続人間のトラブルの発生を防止するのに効果的である。
  2. 財産の大半が不動産である場合、不動産の一部を売却し、現金化しておくことは、遺産分割対策として有効な方法の一つである。
  3. 代償分割を予定している場合、特定の財産(遺産)を取得する相続人は、他の相続人に対して代償債務を負担しなければならないため、相続開始前に代償債務の履行財源(現金その他の財産)を確保しておくことが望ましい。
  4. 代償分割により特定の財産(遺産)を取得した相続人から他の相続人に交付された代償財産が不動産や株式であっても、その不動産や株式を交付した相続人には、譲渡所得として所得税が課せられることはない。

正解 4

解説

  1. 適切。あらかじめ遺言書を作成し、共同相続人の相続分や遺産分割の方法を指定しておけば、相続人の間で生じ得るトラブルの防止になります。
  2. 適切。分割の難しい不動産は、相続開始前に分割しやすい資産に変換しておくことで相続人の間で代償分割や売却の問題が生じることを防げます。
  3. 適切。代償分割とは相続人のうち特定の者が被相続人の遺産を取得し、その代償として自己の固有財産を、他の相続人に交付する方法です。代償分割を予定する予定相続人は、他の相続人に渡す自己財産を確保しておくことが望まれます。
  4. [不適切]。代償分割により交付された代償財産についても、通常の取引により譲渡したものとみなされます。このため不動産や株式が渡された場合には譲渡所得として所得税・住民税が課税されます。よって記述は不適切です。
したがって不適切な記述は[4]です。