FP2級 2017年9月 実技(金財:個人)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

Mさんは、Aさんに対して、X投資信託およびY投資信託について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「AさんがX投資信託から受け取る収益分配金のうち、元本払戻金(特別分配金)については、所得税の課税対象となります」
  2. 「X投資信託およびY投資信託の過去5年間の運用パフォーマンスをシャープ・レシオで比較した場合、X投資信託のほうがY投資信託よりも優れていたといえます」
  3. 「Y投資信託の投資対象国通貨に対し、日本円の相対的な価値が下落した場合、他の条件が同一であれば、Y投資信託の基準価額の値下がり要因となります」

正解 
××

分野

科目:C.金融資産運用
細目:3.投資信託

解説

  1. ×不適切。投資信託の収益分配金には、普通分配金と元払払戻金(特別分配金)があります。普通分配金は課税対象ですが、(特別分配金)は非課税になります。元本払戻金はその名の通り、収益ではなく元本部分の払戻金に相当するからです。
  2. 〇適切。シャープレシオは、ある投資資産からの利益率が、無リスクの投資資産(安全資産)と比較して、どれだけ上回っているか示す指標で、値が大きいほど少ないリスクで優れた投資効果(つまり効率の良い投資)だったことを意味します。

    シャープレシオは以下の算式で求めます。

     シャープレシオ=超過収益率÷標準偏差
     超過収益率=収益率-無リスク金利

    設例の各数値を当てはめて各投資信託のシャープレシオを算出します。

    [X投資信託のシャープレシオ]
     (1.8%-0.1%)÷1.5%=1.13
    [Y投資信託のシャープレシオ]
     (12.8%-0.1%)÷25.5%=0.498

    シャープレシオは「X社>Y社」ですので、X投資信託のほうが優れていたといえます。
  3. ×不適切。Y投資信託は、海外株式で為替ヘッジなしなので為替リスクがあります。日本円の相対的な価格が下落するということは円安外貨高になります。外貨建ての商品は、購入時より円安になると為替差益により基準価格の値上がり要因になります。