FP2級 2017年9月 実技(金財:生保)問4

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問4

はじめに、Mさんは、Aさんに対して、《設例》の生命保険の概要および必要保障額について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な数値を、下記の〈数値群〉のイ~ヌのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

 「医療保障や介護保障などを充実させる一方で、最低限の死亡保障は確保しておくことが望ましいと思います。まずは、長男Cさんが独立した現時点での必要保障額を算出し、準備すべき死亡保障の額を把握しましょう。下記<条件>を参考にすれば、Aさんが現時点で死亡した場合の必要保障額は()万円となります。
 仮に、Aさんが現時点で死亡(不慮の事故以外)した場合、妻Bさんに支払われる死亡保険金額は□□□万円となります。他方、Aさんが不慮の事故で180日以内に死亡した場合の死亡保険金額は()万円となります。
 また、Aさんが重い病気等で余命()カ月以内と判断された場合、リビング・ニーズ特約が付加されているため、死亡保険金について最大□□□万円まで前払いで受け取ることができます。
 Aさんが現在加入している生命保険の定期保険特約の保険金額を減額すれば、死亡保険金額を必要保障額と同水準にすることができます。なお、主契約である終身保険は将来の葬儀費用等に活用できるように残しておくことが望ましいと思います」

<条件>
  1. 現在の毎月の日常生活費は30万円であり、Aさん死亡後の妻Bさんの生活費は、現在の日常生活費の50%とする。
  2. 現時点の妻Bさんの年齢における平均余命は、38年とする。
  3. 長男Cさんの結婚援助資金の総額は、200万円とする。
  4. Aさんの死亡整理資金(葬儀費用等)は、300万円とする。
  5. 緊急予備資金は、300万円とする。
  6. Aさんが借り入れている住宅ローン(団体信用生命保険加入)の残高は、1,000万円とする。
  7. 死亡退職金見込額とその他金融資産の合計額は、2,000万円とする。
  8. 妻Bさんが受け取る公的年金等の総額は、4,500万円とする。
  9. 現在加入している《設例》の生命保険の死亡保険金額は考慮しなくてよい。
  1. イ.3
  2. ロ.6
  3. ハ.12
  4. ニ.140
  5. ホ.1,140
  6. ヘ.1,940
  7. ト.2,500
  8. チ.3,000
  9. リ.3,500
  10. ヌ.4,000

正解 

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

この問題に対する解説はまだありません。