FP2級 2018年1月 実技(FP協会:資産設計)問29

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問29

真樹子さんは、教育資金が不足する事態に備えて、個人向け国債(変動10年)の中途換金等について、FPの阿久津さんに質問をした。個人向け国債(変動10年)の仕組みに関する阿久津さんの次の説明の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句または数値を語群の中から選び、解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句または数値を何度選んでもよいこととする。
  • 「発行から()経過すれば、原則としていつでも、購入金額の一部または全部を中途換金することができます。」
  • 「実勢金利の動きに応じて()ごとに適用利率が変わり、そのときどきの受取利子の金額が増減します。」
  • 「中途換金の場合の換金金額は、『額面金額+経過利子相当額-中途換金調整額』で計算され、中途換金調整額は直前()回分の各利子相当額を基に算出されます。」
  1. 1ヵ月
  2. 3ヵ月
  3. 半年
  4. 1年
  5. 2年
  6. 3年
  7. 2
  8. 4
  9. 6
(ア)(イ)(ウ)

正解 
(ア)(イ)(ウ)
1年半年2

分野

科目:C.金融資産運用
細目:4.債券投資

解説

〔(ア)について〕
個人向け国債はどの商品(変動10年・固定5年・固定3年)も、発行から「1年」経過すれば、購入代金の一部または全部を中途換金することができます。
よって、正解は1年になります。

〔(イ)について〕
個人向け国債「変動10年」は、変動金利の商品です。「半年」ごとに適用金利が見直され、金利の変化で受け取ることのできる利子も増減します。
よって、正解は半年になります。

〔(ウ)について〕
国債を中途換金する場合には、「中途換金調整額」という手数料のようなものを支払う必要があります。この中途換金調整額は、換金直前「2回」分の利子相当額に0.79685を乗じた金額です。
よって、正解は2(回)になります。