FP2級 2018年1月 実技(金財:個人)問13

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問13

Aさんからの贈与について、長男Cさんが相続時精算課税制度の適用を受けることに関する次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 長男Cさんが相続時精算課税制度の適用を受けるためには、贈与を受けた財産に係る贈与税の申告期限内に一定の必要事項を記載した相続時精算課税選択届出書を贈与税の申告書に添付して、納税地の所轄税務署長に提出しなければならない。
  2. 長男Cさんが平成29年の賃貸マンションの建物の贈与について相続時精算課税制度の適用を受けた場合、同年以後に行われるAさんからの贈与については、暦年課税を選択することができなくなる。
  3. 長男Cさんが平成29年の賃貸マンションの建物の贈与について相続時精算課税制度の適用を受けた場合、同年以後に行われる母親であるBさんからの贈与については、暦年課税を選択することができなくなる。

正解 
×

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:2.贈与と税金

解説

  1. 〇適切。相続時精算課税制度の適用を受けるためには、相続時精算課税選択届出書を添付した贈与税の申告書を、贈与税の申告期限内に提出しなければなりません。
  2. 〇適切。一度でも相続時精算課税制度を利用してしまうと、それ以降、その贈与者からの贈与について暦年課税に戻ることはできません。
  3. ×不適切。相続時精算課税制度は「贈与者(おくる人)」が基準となります。例えば、贈与者が父と母である場合、それぞれにおいて相続時精算課税制度を利用するかどうかを選択できます。つまり、父からの贈与で相続時精算課税制度を利用していても、母からの贈与は全く別ですから母からの贈与は暦年課税にしてもよいということになります。