FP2級 2018年9月 実技(FP協会:資産設計)問30

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問30

慎一さんは、相次ぐ地震報道を受けて地震保険に関心を持った。下記<資料>を基に計算した慎一さんの自宅に係る年間の地震保険料として、正しいものはどれか。なお、慎一さんの自宅は愛媛県にあるイ構造のマンションで、火災保険の保険金額は1,000万円である。また、地震保険は火災保険の保険金額の50%相当額で2018年10月に契約し、建築年割引10%が適用されるものとする。
30.gif/image-size:559×301
  1. 5,400円
  2. 10,710円
  3. 10,800円
  4. 21,420円

正解 1

分野

科目:B.リスク管理
細目:4.損害保険

解説

地震保険の保険料は、建物の構造区分(イ又はロ)と建物が所在する都道府県によって決まります。保険会社による差異はありません。

火災保険の保険金額が1,000万円で、地震保険は火災保険の保険金額の50%相当額のため、地震保険の保険金額は、

 1,000万円×50%=500万円

<資料>より、"愛媛県"の"イ構造"の建物は、地震保険金額100万円当たりの年間保険料が1,200円となります。したがって、地震保険500万円の年間保険料は、

 1,200円×(500万円÷100万円)=6,000円

そして、この保険料に対して建築年割引10%が適用されるため、求める年間地震保険料は、

 6,000円×90%=5,400円

よって、正解は[1]の5,400円になります。