FP2級 2018年9月 実技(金財:個人)問4

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問4

《設例》の<X社株式の関連情報>および<X社の財務データ>に基づいて算出さ
れる次の①、②を求めなさい(計算過程の記載は不要)。〈答〉は、%表示の小数点以下第3位を四捨五入し、小数点以下第2位までを解答すること。
  1. 39期におけるROE(自己資本は38期と39期の平均を用いる)
  2. 39期における配当利回り

正解 
 12.62(%)
 2.12(%)

分野

科目:C.金融資産運用
細目:5.株式投資

解説

〔①について〕
ROE(自己資本利益率)は、自己資本を使ってどれだけ利益を上げたかを示す指標で、高いほど収益が高い会社と判断できます。ROE(%)は「当期純利益/自己資本×100」で計算します。

自己資本は38期と39期の平均を用いるということなので、2期の純資産額を平均します。

 自己資本=(80,000+88,000)/2=84,000

39期の当期純利益は10,600百万円ですので、ROEは、

 10,600÷84,000×100=12.6190…%(小数点以下第3位を四捨五入)

よって、正解は12.62(%)になります。

〔②について〕
配当利回りは、株価に対してどの程度の割合の配当をしているかを示す指標です。配当利回り(%)は「1株当たりの年間配当金/株価×100」で計算します。

39期の配当金総額は2,100百万円、発行済株式数は3,000万株なので、1株当たりの年間配当金額は、

 2,100百万円÷3,000万株=70円

株価は3,300円ですので、配当利回りは、

 70円÷3,300円×100=2.121212…%(小数点以下第3位を四捨五入)

よって、正解は2.12(%)になります。