FP2級 2018年9月 実技(金財:個人)問5

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。
【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

Mさんは、Aさんに対して、X社株式の購入について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「PERは、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す指標です。一般に、PERが低い銘柄ほど株価は割高とされ、今後の成長性が期待できます。PERの水準は、業種や会社の規模等によって異なりますので、同業他社との比較指標として利用し、今後の株価の動向を予測するうえでの参考としてください」
  2. 「仮に、Aさんが特定口座(源泉徴収あり)においてX社株式を株価3,300円で500株購入し、同年中に株価3,600円で全株売却した場合、手数料等を考慮しなければ、売却益15万円に対して10.21%相当額が源泉徴収等されます」
  3. 「X社株式の配当および株主優待を受け取るためには、権利付き最終日までにX社株式を購入しておく必要があります。X社株式の権利付き最終日は、権利確定日の前日である平成31年2月27日(水)になります」

正解 
×××

分野

科目:C.金融資産運用
細目:5.株式投資

解説

  1. ×不適切。PER(株価収益率)は、株価が1株当たり利益の何倍であるかを示す指標であり、PERが低いほど株価は割安と判断します。株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す指標はPBR(株価純資産倍率)です。
  2. ×不適切。株式投資で利益が出た場合、税金を支払うことになりますが、特定口座(源泉徴収あり)では利益に対して20.315%(所得税・復興特別税15.315%、住民税5%)の税金が源泉徴収されます。
  3. ×不適切。株式の配当、株主優待を受け取るには権利付き最終日に保有しておく必要がありますが、約定日から決済日までの期間は、約定日から起算して4営業日になります。すなわち3営業日前の2月25日にまでに約定している必要があります。
    ※2019年7月より、上場株式等の受渡日は約定日から起算して3営業日目に変更になりました。本解説は試験実施時の法令を基にしておりますのでご注意ください。