FP2級 2019年1月 実技(金財:個人)問6

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問6

Mさんは、Aさんに対して、公募株式投資信託の譲渡益の課税関係について説明した。下記<資料>の条件に基づき、平成30年中に特定口座(源泉徴収あり)を利用してZ投資信託を100万口購入し、同年中に全部を換金した場合に徴収される所得税、復興特別所得税および住民税の合計額を計算した次の<計算の手順>の空欄①~③に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、手数料等については考慮しないものとする。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。
06.gif/image-size:467×128
<計算の手順>
  1. 譲渡所得の金額
    {11,000円-(10,000円-()円)}×(100万口÷1万口)=□□□円
  2. 所得税および復興特別所得税の合計額
    □□□円×()%=□□□円
  3. 住民税額
    □□□円×5%=□□□円
  4. 所得税、復興特別所得税および住民税の合計額
    □□□円+□□□円=()円

正解 
 200(円)
 15.315(%)
 24,378(円)

分野

科目:C.金融資産運用
細目:10.金融商品と税金

解説

〔①について〕
譲渡損益は、「解約代金-購入代金」で計算されます。

<資料>から、解約(換金)価格は11,000円、購入価格は10,000円ということがわかります。換金時までに受け取った収益分配金の中に元本払戻金(特別分配金)があり、特別分配金は元本から捻出された分配金なので、特別分配金を差引いた金額が、新しい元本となります。
また<資料>は1万口当たりの収益分配金であるので、100万口購入している場合は100倍する必要があります。

計算式に当てはめると、

 {11,000円-(10,000円-200円)}×(100万口÷1万口)=□□□円

よって、正解は200(円)になります。

〔②について〕
1.の計算式から譲渡所得を求めると、

 {11,000円-(10,000円-200円)}×(100万口÷1万口)=120,000円

120,000円の譲渡所得があったということになります。上場株式等に係る譲渡所得の税率は、20.315%(所得税・復興特別所得税15.315%・住民税5%)になります。
よって、正解は15.315(%)になります。

〔③について〕
計算式を順番に進めていくと、

2. 所得税および復興特別所得税の合計額
 120,000円×15.315%=18,378円

3. 住民税額
 120,000円×5%=6,000円

4. 所得税、復興特別所得税および住民税の合計額
 18,378円+6,000円=24,378円

よって、正解は24,378(円)になります。