FP2級過去問題 2019年5月学科試験 問11

問11

生命保険の保険料等の仕組みに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 保険料の内訳は、将来の保険金・給付金等の支払いの財源となる純保険料と、保険会社が保険契約を維持・管理していくために必要な経費等の財源となる付加保険料とに分けられる。
  2. 生命保険事業における剰余金の3利源は、死差益・利差益・費差益である。
  3. 契約者配当金とは、決算によって発生した剰余金が契約者に分配されるものであり、株式の配当金と同様に、配当所得として課税対象となる。
  4. 責任準備金は、将来の保険金・給付金等の支払いの責任に応じるために、保険数理に基づいて算定されて積み立てられる。

正解 3

解説

この問題に対する解説はまだありません。