FP2級 2019年5月 実技(金財:個人)問2

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問2

次に、Mさんは、Aさんに対して、老後の年金収入を増やす方法として確定拠出年金の個人型年金(以下、「個人型年金」という)について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な数値を、下記の〈数値群〉のイ~トのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「Aさんのような確定給付企業年金の加入者で60歳未満の厚生年金保険の被保険者や妻Bさんのような国民年金の第3号被保険者は、個人型年金に加入することができます。ただし、拠出することができる掛金の限度額は加入者の区分に応じて異なります。拠出できる掛金の限度額は、Aさんの場合は年額()円、妻Bさんの場合は年額()円です。加入者が拠出する掛金は、小規模企業共済等掛金控除の対象となります」
  2. Aさんが60歳到達時に老齢給付金を受給するためには、通算加入者等期間が()年以上必要となります。なお、個人型年金は、Aさんの指図に基づく運用実績により、将来の年金受取額が増減する点に留意する必要があります」
  1. イ.5
  2. ロ.10
  3. ハ.15
  4. ニ.144,000
  5. ホ.240,000
  6. ヘ.276,000
  7. ト.816,000

正解 

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:6.企業年金・個人年金等

解説

iDeCoの掛金体系は以下のようになっています(ideCo公式サイトより転載)。
〔①について〕
Aさんは、確定給付企業年金の加入者です。確定給付企業年金がある会社の会社員の場合は、限度額は月額12,000円(年額では144,000円)までと決まっています。
よって、正解は[ニ]の144,000円になります。

〔②について〕
妻Bさんは国民年金の第3号被保険者ですので、限度額は月額23,000円(年額では276,000円)までと決まっています。
よって、正解は[ヘ]の276,000円になります。

〔③について〕
老齢給付金を60歳から受給するには、60歳時点での加入者期間が10年以上である必要があります。
よって、正解は[ロ]の10年になります。