FP2級 2019年9月 実技(金財:生保)問9

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問9

Mさんは、Aさんに対して、《設例》の<資料2>の無配当低解約返戻金型終身保険について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「当該生命保険は低解約返戻金型ではない終身保険に比べて保険料払込期間中の解約返戻金の水準が低く設定されているため、保険料払込期間の途中で解約とならないよう、継続的な支払が可能な保険料を設定してください」
  2. 「当該生命保険の支払保険料は、その全額を資産に計上します。仮に、保険料払込期間満了時に長男Bさんが死亡した場合、X社はそれまで資産計上していた保険料積立金4,400万円を取り崩し、死亡保険金5,000万円との差額600万円を雑収入として経理処理します」
  3. 「X社が保険期間中に資金を必要とした場合、契約者貸付制度を利用することにより、当該生命保険を解約することなく、資金を調達することができます。X社が契約者貸付金を受け取った場合、当該生命保険契約は継続しているため、経理処理は必要ありません」

正解 

×

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

  1. 〇適切。低解約返戻金型の終身保険は、保険料払込期間中の解約返戻金額を低くすることで、通常の終身保険よりも保険料が抑えられています。保険料払込期間満了後の解約返戻率は通常の終身保険と同水準に上昇します。貯蓄性を重視するなら保険料払込期間の途中で解約とならないように注意しなければなりません。
  2. 〇適切。終身保険の支払保険料は、保険料積立金として全額を資産計上します。保険料払込期間満了時の65歳時点でBさんが死亡した場合、死亡保険金額5,000万円、払込保険料累計額(資産計上額)4,400万円であるため、差額の600万円を雑収入として益金に算入することとなります。
  3. ×不適切。契約貸付金制度を利用して資金を調達した場合は、借方=現金(資産)、貸方=借入金(負債)とした経理処理が必要になります。