FP2級 2020年1月 実技(金財:生保)問6

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問6

最後に、Mさんは、Aさんに対して、Aさんが現在加入している生命保険の見直しの方法やAさんが提案を受けた終身医療保険の特徴等についてアドバイスした。Mさんがアドバイスした次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「現在加入している定期保険特約付終身保険を払済終身保険に変更した場合、付加されている特定疾病保障定期保険特約は消滅します。そのため、特定疾病などの重度の疾病に備える保障をどのように確保するか、検討事項の1つとなります」
  2. 「先進医療特約は、療養を受けた時点ではなく、当該特約に加入した時点で先進医療と定められていれば支払対象となります。一部の先進医療については費用が高額となるケースもありますので、先進医療特約の付加をご検討ください」
  3. 「保険会社各社は、入院給付金や手術給付金が定額で受け取れるタイプの医療保険や通院保障が手厚いものなど、最近の医療事情に合わせて、さまざまなタイプの医療保険を取り扱っています。保障内容や保障範囲をしっかりと確認したうえで、加入を検討されることをお勧めします」

正解 
×

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

  1. 〇適切。払済保険は、保険料の払込みをストップして、その時点での解約返戻金をもとに保険期間が同一で保険金額を減らした保険に切り替えるものですが、新たな保険を契約する形になるので付帯していた特約は消滅してしまいます。
  2. ×不適切。先進医療特約は療養を受けた時点において厚生労働大臣に承認されている先進医療が給付の対象になります。契約時点ではないので注意しましょう。
  3. 〇適切。医療事情は医療技術の進歩や国の政策、社会環境などの変化に合わせて少しずつ変わってきていますので、保障内容や保障範囲をしっかりと確認して、本当に自分に合った保険に加入を検討することが望まれます。例えば、最近は入院期間が短期化しているので通院保障の充実した医療保険が増えてきています。