FP2級過去問題 2021年9月学科試験 問31

問31

わが国の税制に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 所得税は、国や地方公共団体の会計年度と同様、毎年4月1日から翌年3月31日までの期間を単位として課される。
  2. 贈与税では、納税者が自らの納付すべき税額を確定させ、申告・納付する申告納税方式を採用している。
  3. 税金には、国税と地方税があるが、相続税は国税に該当し、登録免許税は地方税に該当する。
  4. 税金を負担する者と税金を納める者が異なる税金を間接税といい、固定資産税は間接税に該当する。

正解 2

問題難易度
肢13.6%
肢266.7%
肢322.6%
肢47.1%

解説

  1. 不適切。所得税は、個人が1月1日から12月31日までの暦年単位で得た所得に対して課税されます。
  2. [適切]。贈与税は、個人が1月1日から12月31日までの暦年単位に受けた贈与を、翌年2月1日から3月15日までに申告して納税します。よって「申告納税方式」です。
  3. 不適切。相続税と登録免許税はどちらも国税です。
  4. 不適切。固定資産税は、固定資産を有する者に納付書が送られてきて、その納付書で納税者自身が支払うので直接税です。
したがって適切な記述は[2]です。