FP2級 2021年9月 実技(FP協会:資産設計)問32

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問32

哲也さんは、相次ぐ地震報道を受けて地震保険に関心を持った。下記<資料>を基に計算した哲也さんの自宅に係る年間の地震保険料を計算しなさい。なお、哲也さんの自宅は埼玉県にあるイ構造のマンションで、火災保険の保険金額は1,000万円であり、地震保険は火災保険の保険金額の50%相当額で、2021年10月に契約し、建築年割引10%が適用されるものとする。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。
32.gif/image-size:559×264

正解 

 9,180(円)

分野

科目:B.リスク管理
細目:4.損害保険

解説

地震保険の保険料は、建物の構造区分(イ又はロ)と建物が所在する都道府県によって決まります。保険会社による差異はありません。

火災保険の保険金額が1,000万円で、地震保険は火災保険の保険金額の50%相当額のため、地震保険の保険金額は、

 1,000万円×50%=500万円

<資料>より、"埼玉県"の"イ構造"の建物は、地震保険金額100万円当たりの年間保険料が2,040円となります。したがって、地震保険500万円の年間保険料は、

 2,040円×500万円100万円=10,200円

そして、この保険料に対して建築年割引10%が適用されるため、求める年間地震保険料は、

 10,200円×(1-10%)
=10,200円×90%=9,180円

よって、正解は9,180円になります。