FP2級過去問題 2013年1月学科試験 問1

問1

ファイナンシャル・プランナーの顧客に対する行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、顧客に対し、社会保障と税の一体改革関連法の個人所得課税・資産課税・消費課税の概要をわかりやすく説明した。
  2. 生命保険募集人の登録を受けていないファイナンシャル・プランナーが、顧客に対し、ライフプランニングにおける生命保険の必要性を助言するとともに、各社の生命保険商品の特徴を説明した。
  3. 金融商品取引業の登録を受けていないファイナンシャル・プランナーが、顧客と投資顧問契約を結び、その契約に基づき、株式の個別銘柄に関する投資助言を行った。
  4. 弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、顧客からの相続の相談に際し、遺言の効力について、民法上の該当条文を示し一般的な解説を行った。

正解 3

解説

  1. 適切。税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーは、顧客に対し、具体的な税額の計算や税務代行をすることは禁じられていますが、社会保障と税の一体改革関連法等、概要を説明することは可能です。
  2. 適切。生命保険募集人の登録を受けていないファイナンシャル・プランナーは、顧客に対して、ライフプランニングにおける生命保険の必要性を助言したり、生命保険各社の商品の特徴を説明するなど、一般的な保険商品の説明することは可能です。
  3. [不適切]。金融商品取引業の登録を受けていないファイナンシャル・プランナーが、顧客と投資顧問契約を結ぶことは禁じられています。また、個別銘柄に関する投資助言を行うこともできません。
  4. 適切。弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーは、顧客からの相続の相談に際し、遺言の効力などについて個別具体的な相談及び実行することは禁じられていますが、民法上の該当条文を示すなど一般的な解説を行うことは可能です。
したがって不適切な記述は[3]です。