FP2級過去問題 2015年9月学科試験 問1

問1

ファイナンシャル・プランナーの顧客に対する行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 生命保険募集人の登録を受けていないファイナンシャル・プランナーが、ライフプランの相談に来た顧客に対し、ライフイベントに応じた生命保険の活用例を説明した。
  2. 金融商品取引業の登録を受けていないファイナンシャル・プランナーが、資産運用の相談に来た顧客に対し、有償の投資顧問契約を締結し、株式の個別銘柄を推奨した。
  3. 税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、所得税の確定申告書を自ら手書きで作成している顧客に対して、国税庁のホームページを紹介し、インターネットによる電子申告を勧めた。
  4. 社会保険労務士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、老齢基礎年金に関する相談に来た顧客に対し、老齢基礎年金の受給資格や請求方法について一般的な説明を行った。

正解 2

解説

  1. 適切。生命保険募集人の登録を受けていないファイナンシャル・プランナーが、ライフプラン等の相談に来た顧客に対し、ライフイベントに応じた生命保険の活用例など一般的な保険商品の説明をすることは問題ありません。ただし、保険募集人の登録を受けていなければ保険の募集や勧誘をすることはできません。
  2. [不適切]。金融商品取引業の登録を受けていないファイナンシャル・プランナーが、有償で投資顧問契約を締結し、株式など有価証券の投資助言をすることは禁じられています。
  3. 適切。税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、税理士業務を行うことは禁じられていますが、確定申告の方法を勧めることなど、一般的な説明を行うことは税理士法に抵触しません。
  4. 適切。社会保険労務士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、老齢基礎年金の受給資格や請求方法など公的年金の一般的な説明を行うことは問題ありません。ただし、有償で公的年金の請求書の作成や申請の手続きを代行することなどは禁じられています。
したがって不適切な記述は[2]です。