FP2級過去問題 2013年9月学科試験 問23

問23

一般的な投資信託の種類や分類に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 東京証券取引所に上場されている不動産投資信託(J-REIT)は、すべて契約型投資信託である。
  2. 東京証券取引所に上場されているETF(上場投資信託)は、すべて会社型投資信託である。
  3. 公社債や短期金融商品を中心に運用され、株式の組入比率が10%未満の証券投資信託は、公社債投資信託に分類される。
  4. ベンチマークを上回る運用成績を目指して運用される株式投資信託は、アクティブ運用のファンドに分類される。

正解 4

解説

  1. 不適切。東京証券取引所に上場されている不動産投資信託(J-REIT)は、すべて会社型投資信託になります。会社型投資信託は投資法人を設立し、その投資法人から購入する形態です。
  2. 不適切。東京証券取引所に上場されているETF(上場投資信託)は、すべて契約型投資信託になります。契約型投資信託は委託者と受託者による契約という形態をとり、一般的な投資信託の多くは、この契約型になります。
  3. 不適切。公社債投資信託は、株式を一切組入れることができず、公社債と短期金融商品を投資の対象とする投資信託です。株式が少しでも組入れられている投資信託は、株式投資信託とよばれます。
  4. [適切]。株式投資信託の運用手法によって以下の2つに大別されます。
    パッシブ運用
    ベンチマークに連動する運用成果を目指す運用スタイル
    アクティブ運用
    ベンチマークを上回る運用成果を目指す運用スタイル
    記述の通り、ベンチマークを上回る運用成績を目指すのはアクティブ型です。
したがって適切な記述は[4]です。