FP2級過去問題 2015年9月学科試験 問6

問6

国民年金の老齢給付に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 平成21年3月以前の国民年金の保険料全額免除期間は、その期間に係る保険料の追納がない場合、その2分の1に相当する月数が老齢基礎年金の年金額に反映される。
  2. 国民年金の学生納付特例期間は、その期間に係る保険料の追納がない場合、老齢基礎年金の受給資格期間には算入されるが、老齢基礎年金の年金額には反映されない。
  3. 65歳到達時に老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている者が、68歳到達日に老齢基礎年金の繰下げ支給の申出をした場合の年金額の増額率は、18.0%である。
  4. 付加年金の額は、400円に付加保険料に係る保険料納付済期間の月数を乗じて算出される。

正解 2

解説

  1. 不適切。一定の要件を満たす場合には保険料の支払いが全額または一部免除されますが、平成21年3月以前の国民年金の保険料全額免除期間は、その期間に係る保険料の追納がない場合、その3分の1に相当する月数が老齢基礎年金の年金額に反映されます。
  2. [適切]。国民年金の学生納付特例期間は、老齢基礎年金の受給資格期間には算入されますが、その期間に係る保険料の追納がない場合、老齢基礎年金の年金額には反映されません
  3. 不適切。66歳到達月以後、70歳到達日までの間に本人の希望により請求することによって年金を繰り下げて受給することができ、繰り下げた月数に応じ1ヶ月あたり0.7%増額されます。本肢のように68歳到達日に繰下げ支給の申出をした場合、繰下げ期間は36ヶ月になるため、その増額率は「0.7%×36ヶ月=25.2%」になります。
  4. 不適切。付加年金の額は、付加保険料に係る保険料納付済期間の月数に200円を乗じた額になります。なお、毎月支払う付加年金保険料は400円になります。
したがって適切な記述は[2]です。