FP2級過去問題 2016年5月学科試験 問34

問34

所得税における医療費控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. その年の12月31日までに受けた治療に係る医療費を、翌年の1月以降に現金で支払う場合、治療を受けた年の医療費控除の対象となる。
  2. 診療を受けるために電車等の公共交通機関を利用した際に支払った通院費で通常必要なものは、医療費控除の対象となる。
  3. 風邪の治療のための一般的な医薬品の購入費は、医師の処方がなくても、医療費控除の対象となる。
  4. 人間ドックにより重大な疾病が発見され、かつ、診断に引き続きその疾病の治療をした場合の人間ドックの費用は、医療費控除の対象となる。

正解 1

解説

  1. [不適切]。医療費控除では、1月1日から12月31日までの間に支払った医療費が、その年の医療費控除の対象になります。翌年に支払った医療費は翌年分の医療費控除の対象になります。よって記述は不適切です。
  2. 適切。電車やバスまたは急を要する場合のタクシー代などの通院費は医療費控除の対象になります。
  3. 適切。風邪をひいたため、薬局で購入した市販の風邪薬などの購入代金は医療費控除の対象になります。
  4. 適切。人間ドッグは検査だけでは医療費控除にはなりませんが、その検査で重大な疾病が発見されて引き続き疾病の治療を行った場合は、医療費控除の対象になります。
したがって不適切な記述は[1]です。