FP2級過去問題 2018年9月学科試験 問34

問34

所得税における医療費控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、「特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の医療費控除の特例」は考慮しないものとする。
  1. 医療費控除の控除額は、その年中に支払った医療費の金額の合計額から総所得金額等の10%相当額または10万円のいずれか少ない金額を控除して計算される。
  2. 医師等による診療等を受けるために電車、バス等の公共交通機関を利用した場合に支払った通院費で通常必要なものは、医療費控除の対象になる。
  3. 各年において医療費控除として控除することができる金額は、最高200万円である。
  4. 人間ドックにより重大な疾病が発見され、かつ、引き続きその疾病の治療をした場合の人間ドックの費用は、医療費控除の対象になる。

正解 1

解説

  1. [不適切]。医療費控除の控除額は、その年中に支払った医療費の金額の合計額から保険金等で補てんされる金額を差し引き、総所得金額等の5%相当額または10万円のいずれか少ない金額を控除して計算します。よって記述は不適切です。
  2. 適切。自家用車での通院に伴うガソリン代や駐車料金等は医療費控除の対象になりませんが、通院に、電車・バス等の公共交通機関を利用した場合の交通費は医療費控除の対象になります。
  3. 適切。医療費控除額は各年ごとに最高200万円が限度額になります。
  4. 適切。原則として人間ドッグの費用は医療費控除の対象となりません。ただし、人間ドッグにより重大な疾病が発見され、その疾病を治療した場合には、その人間ドック代は医療費控除の対象になります。
したがって不適切な記述は[1]です。