FP2級過去問題 2016年5月学科試験 問59

問59

相続税の納付に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 相続税の延納を申請するに当たって、担保として提供することができる財産は、相続または遺贈により取得した財産に限られる。
  2. 相続税の納期限までに、または納付すべき日に金銭で納付することを困難とする事由があり、納付すべき相続税額が10万円を超える場合、原則として担保を提供し、所定の手続きにより、相続税の延納を申請することができる。
  3. 相続税を物納する場合における物納財産の収納価額は、原則として相続税の課税価格計算の基礎となったその財産の価額となる。
  4. 相続により取得した財産のうちに抵当権が設定されている不動産があった場合、その不動産を相続税の物納に充てることはできない。

正解 1

解説

  1. [不適切]。相続税を延納する際の担保は、相続財産に限らず相続固有の財産でも、第三者が所有する財産でもよいとされています。よって記述は不適切です。
  2. 適切。金銭一括納付が困難で、納付するべき相続税額が10万円超の場合、申告期限までに延納申請書を提出し、許可を受けることで分納で納めることができます。
  3. 適切。金銭一括や延納による納付が困難な場合、申請により納付を困難とする金額を限度に物で納めることができます。物納できる財産は相続税の課税価格に算入された財産になります。
  4. 適切。抵当権が設定されている不動産を相続税の物納に充てることはできません。
したがって不適切な記述は[1]です。