FP2級過去問題 2017年9月学科試験 問7

問7

障害基礎年金および障害厚生年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 国民年金の被保険者でない20歳未満の期間に初診日がある傷病により、20歳に達した日またはその日後において障害等級1級または2級に該当する障害の状態にある者は、その者の所得にかかわらず、障害基礎年金が支給される。
  2. 障害等級3級に該当する者に支給される障害厚生年金の年金額は、障害認定日の属する月までの厚生年金保険の被保険者記録に基づき計算されるが、その額が最低保証額に満たない場合は最低保証額が支給される。
  3. 障害等級1級または2級の障害厚生年金の受給権者が、所定の要件を満たす配偶者を有する場合、その受給権者に支給される障害厚生年金には、加給年金額が加算される。
  4. 障害基礎年金の受給権者が、所定の要件を満たす子を有する場合、その受給権者に支給される障害基礎年金には、子の数に応じた額が加算される。

正解 1

問題難易度
肢153.9%
肢215.6%
肢318.7%
肢411.8%

解説

  1. [不適切]。20歳前の年金制度未加入の期間に初診日のある傷病によって障害を負った場合でも、20歳に達した日において障害等級1級または2級に該当する程度の障害の状態にあるときは、障害基礎年金が支給されることになります。ただし、受給権者の前年の所得が一定額を超える場合には、年金額の全部または2分の1が支給停止となります。
  2. 適切。障害等級3級の障害厚生年金の額は、報酬比例の年金のみの支給となります。障害等級3級は障害基礎年金の給付がないので、加入期間が短いなどの理由で金額が低くなり過ぎないように、障害基礎年金の4分の3相当額の最低保障があります。
  3. 適切。障害等級1級または2級に該当する者に所定の要件を満たす配偶者がいる場合、その者に支給される障害厚生年金には、配偶者加給年金額が加算されます。
  4. 適切。障害基礎年金は、受給権者によって生計を維持している「18歳到達年度末日までの未婚の子」および「20歳未満で障害等級の1級または2級に該当する障害の状態にある子」がいる場合に、子供の人数に応じて支給額が加算されます。
したがって不適切な記述は[1]です。