FP2級過去問題 2017年9月学科試験 問20

問20

生命保険を利用した家庭のリスク管理アドバイスに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 「自分が死亡した場合の家族の生活資金を準備するために生命保険に加入したい」という相談に対して、定期保険への加入を提案した。
  2. 「自分の老後の生活資金を準備するために生命保険に加入したい」という相談に対して、収入保障保険への加入を提案した。
  3. 「病気や傷害で入院した場合の医療被負担が不安なので生命保険に加入したい」という相談に対して、医療保険への加入を提案した。
  4. 「自分が死亡した場合の相続税の納税資金を確保するために生命保険に加入したい」という相談に対して、終身保険への提案した。

正解 2

解説

  1. 適切。定期保険は、掛け捨ての保険で、被保険者が保険期間中に死亡・高度障害状態になった場合に死亡保険金が支払われます。このため「自分が死亡した場合の家族の生活資金の準備の保険」として適しています。
  2. [不適切]。収入保障保険は、死亡・高度障害となった場合に保険金を年金形式で受け取れる保険です。生存していると受け取れる満期保険金はありませんので「自分の老後の生活資金の準備の保険」としては適しません。
  3. 適切。医療保険は、病気や傷害での通院・入院になった場合に給付金が支給される保険です。このため「病気や傷害で入院した場合の医療被負担の不安」の準備として適しています。
  4. 適切。終身保険は、一生涯の死亡・高度障害保障を確保できるので、貯蓄性が高い保険です。遺族が受け取る死亡保険金は相続税において「500万円×法定相続人の数」までが非課税になるので、相続税の納税資金の準備に適しています。
したがって不適切な記述は[2]です。