FP2級過去問題 2018年9月学科試験 問23

問23

上場投資信託(ETF)の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. ETFは、株価指数に連動するものに限られており、貴金属や穀物、原油など商品価格・商品指数に連動するものは上場されていない。
  2. ETFを市場で購入する際に支払う委託手数料は、証券会社により異なる。
  3. ETFを市場で売却する際には、証券会社に支払う委託手数料のほか、信託財産留保額がかかる。
  4. ETFの分配金には、普通分配金と元本払戻金(特別分配金)とがあり、税務上、普通分配金は課税対象となり、元本払戻金(特別分配金)は非課税となる。

正解 2

解説

  1. 不適切。ETFの中には、株式だけでなく金や原油などの商品指数に連動する商品もあります。
  2. [適切]。ETFを売買する際は、それぞれの証券会社が定める委託手数料がかかります。よって記述は適切です。
  3. 不適切。ETFを売却する際にかかる信託財産留保額は、ETFの信託財産(純資産)の中から徴収されますので、ETFの購入時や売却時に別途支払う必要はありません。
  4. 不適切。ETFの分配金には普通分配金と特別分配金の区別がありません。ETFによる利益(分配金及び譲渡益)は、上場株式等に準じて所得税・住民税合わせて20.315%の申告分離課税となります。
したがって適切な記述は[2]です。