FP2級過去問題 2019年9月学科試験 問58

問58

相続税における家屋等の評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 借家権は、この権利が権利金等の名称をもって取引される慣行のない地域においては、評価しない。
  2. 貸家の価額は、「自用家屋としての評価額×借家権割合×借地権割合×賃貸割合」の算式により計算した金額により評価する。
  3. 自用家屋の価額は、「その家屋の固定資産税評価額×1.0」の算式により計算した金額により評価する。
  4. 構築物の価額は、原則として、「(再建築価額-建築の時から課税時期までの期間に応ずる償却費の額の合計額または減価の額)×70%」の算式により計算した金額により評価する。

正解 2

問題難易度
肢110.8%
肢262.6%
肢314.6%
肢412.0%

解説

  1. 適切。借家権が相続税や贈与税の課税対象として評価されるのは、慣習として、借家権が権利金等の名称で取引され相続、贈与の対象として扱われている地域のみです。
  2. [不適切]。貸家の価額は「自用家屋評価額×(1-借家権割合×賃貸割合)」で評価します。
  3. 適切。自用家屋はいわゆる自宅のことであり、固定資産税評価額そのままで評価されます。
  4. 適切。構築物の価額は、「(再建築価額-償却費の合計・減価額)×70%」で評価します。
したがって不適切な記述は[2]です。