FP2級過去問題 2020年9月学科試験 問58

問58

相続税における家屋等の評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 自用家屋の価額は、原則として、「その家屋の固定資産税評価額×1.0」の算式により計算した金額により評価する。
  2. 貸家の価額は、「自用家屋としての価額×借家権割合×賃貸割合」の算式により計算した金額により評価する。
  3. 建築中の家屋の価額は、その家屋の費用現価の100分の70に相当する金額によって評価する。
  4. 家屋の所有者が有する家屋と構造上一体となっている設備の価額は、その家屋の価額に含めて評価する。

正解 2

問題難易度
肢115.7%
肢253.4%
肢321.3%
肢49.6%

解説

  1. 適切。自用家屋(自宅)の相続税評価額は固定資産税評価額そのままとなります。
  2. [不適切]。貸家の価額は「自用家屋評価額×(1-借家権割合×賃貸割合)」で評価します。
  3. 適切。建築中の家屋の価額は、その家屋の費用現価の70%に相当する金額によって評価します。
    ●建築中の家屋の価額=費用現価の額×70%
  4. 適切。構造上一体となっている付属設備(電気設備、給排水設備など)は家屋の価格に含めて評価します。
したがって不適切な記述は[2]です。