FP2級過去問題 2013年5月学科試験 問7

問7

公的年金の併給調整等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 遺族厚生年金の受給者が特別支給の老齢厚生年金の受給権を取得した場合、遺族厚生年金と特別支給の老齢厚生年金は併給される。
  2. 障害基礎年金と老齢厚生年金は、その受給権者が65歳以上の場合は併給される。
  3. 障害基礎年金と遺族厚生年金は、その受給権者が65歳以上の場合は併給される。
  4. 特別支給の老齢厚生年金は、その受給権者が雇用保険の基本手当を受給している期間、原則として、支給停止となる。

正解 1

解説

  1. [不適切]。遺族厚生年金と特別支給の老齢厚生年金は併給できません。どちらかを選択して受給することになります。
  2. 適切。障害基礎年金と老齢厚生年金は、受給権者が65歳以上の場合は併給することが可能です。障害年金の受給者が65歳になると、老齢厚生年金も受給できるようになります。
  3. 適切。障害基礎年金と遺族厚生年金は、受給権者が65歳以上の場合は併給することが可能です。65歳以上の障害年金の受給者は、厚生年金に加入の配偶者が死亡すると遺族厚生年金も受給できるようになります。
  4. 適切。ハローワークで求職の申込みをすると、実際に失業給付を受けたかどうかには関係なく、一定の間は、加給年金額も含めて老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金を含む)の全額が支給停止されます。
したがって不適切な記述は[1]です。