FP2級過去問題 2013年5月学科試験 問8

問8

中小企業退職金共済と小規模企業共済に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 中小企業退職金共済では、雇用する従業員を被共済者として事業主が勤労者退職金共済機構と退職金共済契約を締結する。
  2. 中小企業退職金共済の掛金は、事業主と従業員が折半して負担する。
  3. 小規模企業共済に加入できる個人事業主に所定の要件を満たす共同経営者がいる場合、個人事業主1人につき2人まで小規模企業共済に加入することができる。
  4. 加入者が支払った小規模企業共済の掛金は、その全額が所得税・住民税における小規模企業共済等掛金控除の対象となる。

正解 2

解説

この問題に対する解説はまだありません。