FP2級過去問題 2014年1月学科試験 問16

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。

問16

地震保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 地震保険の保険料は、保険の対象となる建物の構造および用途で算出され、建物の所在地による違いはない。
  2. 地震保険の保険料には、建築年割引、耐震等級割引、免震建築物割引、耐震診断割引の4種類の割引制度があるが、これらは重複して適用を受けることができない。
  3. 地震保険の保険金額は、主契約である火災保険の保険金額の30%から50%の範囲内で設定し、その限度額は建物が1,000万円、家財(生活用動産)が500万円である。
  4. 地震保険では、保険の対象となる建物や家財(生活用動産)の損害の程度を全損と半損の2段階に区分して保険金が支払われる。

正解 2

解説

  1. 不適切。地震保険の保険料は、建物の構造と所在地によって異なります。建物が同じであっても、地震が多い地域と少ない地域では保険料が異なります。なお、損害保険会社による違いはありません。
  2. [適切]。地震保険の保険料割引制度には、建築年割引、耐震等級割引、免震建築物割引、耐震診断割引の4種類ありますが、重複して適用を受けることはできません。
  3. 不適切。地震保険の保険金額は、主契約である火災保険の保険金額の30%から50%の範囲内で設定します。限度額は建物5,000万円、家財1,000万円になります。
  4. 不適切。地震保険での保険金の支払いは、損害の程度を全損・半損・一部損の3段階に区分します。
    ※平成29年1月1日以降の契約では、損害の程度を全損、大半損、小半損、一部損の4区分します。本解説は試験実施時の法令を基にしているのでご注意ください。
したがって適切な記述は[2]です。