FP2級過去問題 2014年9月学科試験 問58

問58

相続税における宅地の評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 宅地の評価方法には、路線価方式と倍率方式とがあり、それぞれの評価において用いる路線価および倍率は、路線価図および評価倍率表により公表されている。
  2. 宅地の評価方法として、路線価方式と倍率方式のうち、どちらの方式を採用するかについては、納税者が任意に選択することができる。
  3. 路線価方式とは、宅地が面している路線ごとに定められた路線価を基礎として宅地の価額を評価する方式である。
  4. 倍率方式で評価する宅地が、奥行距離が一定でないなど著しく不整形な形状であっても、その評価に当たって補正率を用いて補正はしない。

正解 2

解説

  1. 適切。宅地の評価方法には、路線価方式と倍率方式があり、路線価は路線価図、倍率は評価倍率表として国税庁より公表されています。
  2. [不適切]。宅地の評価方法として、路線価方式と倍率方式のどちらかを採用するかは、宅地の所在地により各国税局長が指定しています。よって記述は不適切です。
  3. 適切。路線価方式は、市街地内の道路に面した宅地について、道路ごとに付された1㎡当たりの標準的な価格に基づき、宅地の形状等による補正をした価格によって評価します。
  4. 適切。倍率方式で評価する宅地は、宅地の地積・形状等の個別事情が織り込み済みなので、評価にあたっての補正はしません。
したがって不適切な記述は[2]です。