FP2級過去問題 2015年5月学科試験 問17

問17

任意加入の自動車保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。
  1. 対人賠償保険では、被保険者が自動車を運転中に被保険者の母親に誤って接触してケガを負わせた場合、その損害については補償の対象とならない。
  2. 対物賠償保険では、有料駐車場から出るときに誤って自動精算機に接触して同機械に損害を与えた場合、その損害については補償の対象となる。
  3. 人身傷害補償保険では、被保険者に過失がある自動車事故により被保険者が死傷した場合、その過失割合に相当する損害については補償の対象とならない。
  4. 一般条件の車両保険では、駐車場で発生した火災により被保険自動車に損害を被った場合、その損害については補償の対象となる。

正解 3

解説

  1. 適切。対人賠償保険では、本人、配偶者、親、子が被害者の場合、保険金の支払い対象にはなりません。
  2. 適切。対物賠償保険は、他人の物を壊した場合に損害額を補てんするので、自動精算機に接触して同機械に損害を与えた場合は対物賠償保険の補償対象となります。
  3. [不適切]。人身傷害補償保険は、過失があっても、示談を待たずに過失割合に関係なく、保険金額を限度として損害額の全額が補償の対象となります。よって記述は不適切です。
  4. 適切。一般条件の車両保険は、他車との衝突、盗難、火災、台風による洪水や高潮、自損事故、当て逃げによる損害も補償の対象になります。
したがって不適切な記述は[3]です。