FP2級過去問題 2015年9月学科試験 問8

問8

国民年金基金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 国民年金基金の加入員は、所定の事由に該当した場合を除き脱退することはできない。
  2. 国民年金基金の加入員が支払う掛金は、社会保険料控除として所得控除の対象となる。
  3. 国民年金基金の加入員は、確定拠出年金の個人型年金に加入することはできない。
  4. 国民年金基金の加入員は、国民年金の付加保険料を納めることができない。

正解 3

解説

  1. 適切。国民年金基金は任意で脱退することはできません。脱退できるのは、所定の年齢に達したとき、会社員になったとき、加入者が死亡したときなど所定の事由に該当した場合です。
  2. 適切。国民年金基金の掛金は、全額が社会保険料控除の対象になります。
  3. [不適切]。国民年金基金と確定拠出年金(個人型)は同時加入できます。
  4. 適切。第1号保険者の老後保障の拡充という同じ目的をもつ2つの制度ですが、国民年金基金と付加保険料には同時加入ができないので、どちらかを選択して加入することになります。
したがって不適切な記述は[3]です。