FP2級過去問題 2016年5月学科試験 問5(改題)

問5

厚生年金保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 厚生年金保険法に定める業種であって、常時5人以上の従業員を使用している個人事業所は、厚生年金保険の強制適用事業所となる。
  2. 厚生年金保険の適用事業所に常時使用される70歳以上の者で、老齢基礎年金の受給権を有する者は、厚生年金保険の被保険者とならない。
  3. 厚生年金保険の標準報酬月額は、被保険者の報酬月額に基づき区分され、65万円を上限とされている。
  4. 育児休業等をしている被保険者に係る厚生年金保険の保険料は、所定の手続きにより、被保険者負担分が免除されるが、事業主負担分は免除されない。

正解 4

問題難易度
肢15.8%
肢28.5%
肢38.6%
肢477.1%

解説

  1. 適切。個人事務所であっても常時5人以上の従業員を使用していれば、特定の業種を除き、厚生年金保険への加入が義務付けられています。
  2. 適切。厚生年金保険の被保険者は、適用事業所に常時使用される70歳未満です。原則として、70歳以上の者は厚生年金の被保険者となりません。
  3. 適切。厚生年金の保険料は、被保険者の標準報酬月額に基づき区分され、標準報酬月額の上限は65万円(第32級)になります。
    上限が65万円になったのは2020年9月分からです。それ以前は62万円が上限でした。
  4. [不適切]。産前産後休業期間中や育児休業期間中の厚生年金保険料は、事業主が手続きをすれば、事業主負担分・被保険者負担分のどちらも免除されます。
したがって不適切な記述は[4]です。